FXの自動売買(EA)やるならPCつけっぱなしとVPSの稼働どっちがおススメ?

FX
KEN
こんにちは!イクメントレーダーのKENです!

「EAを稼働させたいけどPCあるしVPS契約すべきか迷う…」

FXの自動売買を行うにあたって上記の様に自宅のPCかVPSかどちらで運用するか迷う方がいるかと思います。

そういった方のために本記事では状況に応じてどちらで運用したらいいのかを解説していきます。

VPSとは?

まずVPSというのは「Virtual Private Server(バーチャル・プライベート・サーバー)」の略で、一般的には「仮想専用サーバー」と呼ばれています。

要するに簡単に言うとレンタルサーバーの一種です。

EA(自動売買システム)を稼働させるにはパソコンでMT4というチャートソフトを使用するのですが中にはパソコンを利用できない人もいますよね?

そんな時にVPSの出番です。

VPSを使えばインターネット上のスペース(サーバー)を間借りしてそこでパソコンを動かせます。

ですからパソコンを利用できない人もVPSを使ってEAの稼働ができるようになります。

ということでEAを稼働させたいけどパソコンを持っていないし今後も持つことはない、と言う人に関しては選択肢がVPSの使用一択になります。

ですが本記事の表題にある通り、パソコンを持っていてもVPSを契約した方がいいかな?

と考える方もいるかと思います。

その場合にどうしたらいいかを以下で解説していきたいと思います。

パソコンを持っている人の場合…

パソコンを持っていても以下のケースに当てはまる場合はVPSの契約をおススメします。

  1. PCはあるがスペックが悪い
  2. ネット環境が悪い
  3. Windows10を使用している

ということで順番に解説します。

まず①と②に関してですがそもそもEAのパフォーマンスが発揮されるにはシステムがスムーズに動かなければいけません。

ですからパソコンのスペックが悪かったりネット環境が悪いと話になりません。

まぁ具体的にどれくらいのスペックが必要か?と言われると少し難しいですが普段のネットサーフィン、あるいはYouTubeなどの動画を見たりしている場合に頻繁に重たいな…と感じるようであれば素直にVPSを契約してしまった方が無難です。

そして③に関してですがWindows10を使用している場合はOSの更新プログラムのタイミングが選べません。

なのでEAを稼働している時に勝手にOSが自動更新されてしまう可能性があります。

そうなると当然パソコンもシャットダウンされるので稼働しているEAも途中で止まってしまいます。

EAが急に止まると思わぬ場所でポジションが決済されたり最悪の場合、システムのアルゴリズムがおかしくなって誤作動を起こす可能性もあります。

なのでOSの更新のタイミングが選べないWindows10はEAの運用に向いていません。

ということで上記3つのケースに当てはまる場合は素直にVPSの契約をおススメします。

パソコンを使用してもいいケース

上記のケースに当てはまらない場合はパソコンを使用してもいいと思います。

例えば僕は以前はVPSを契約していましたが今はパソコンを使用しています。

(ニャンコの足が写ってしまいましたが気になさらずにw)

理由は僕の場合、様々なテストに使用するPCが複数台あり、どのみち24時間起動させなければいけないので現在はPCでEAを稼働させています。

もちろん条件として、

  • そこそこのスペックを持ち合わせている
  • ネット環境が安定している
  • OSがWindows10ではない(Windows8です)

という条件に当てはまった環境で運用しています。

なので上記のように僕と同じような環境であればPCを使用してEAを稼働させるのもありだとは思います。

それでも迷ってしまう場合…

正直コストを考えないのであればVPSを契約することをおススメします。

なぜならVPSを使用することによって、

24時間EAを安定的に稼働することができる

からです。

上述したようにパソコンを使用している場合はOSの更新、あるいは天災(落雷など)などでパソコンが急にシャットダウンされてしまう可能性が高くなります。

また、パソコンを休ませることなく稼働させ続ければ直接的な故障の原因にも繋がる恐れがあります。

ですからそういった事態を回避するにはVPSの使用がおススメです。

VPSを利用すれば上記のリスクやトラブルといったものを回避して変な心配をせずに安定的にEAを稼働することができます。

因みにVPSのコストに関しては僕のおススメする以下のVPSだと月額2,000円程度(※2020/3月時点で更に値下げされました)です。

⇒公式サイトで料金を見てみる

コストと言っても厳密に言うとパソコンを24時間付けっぱなしにしておくとほとんどVPSを契約しているのと同じくらいの電気代がかかります。(月2,000円弱)

それでもいくらか節約のやりようがあると考えれば若干VPSの方がランニングコストはかかります。

ですがその違いはせいぜい数百円くらいです。

なので上記のコストのほんのわずかな違いが気にならないのであればVPSを使用してしまった方が良いです。

極論を言うと、そもそもVPS代も回収できないようなEAなら稼働させない方が良いです。

まとめ

ということで今回はVPSについて記事を書いてみました。

PCかVPSのどちらでEAを運用したらいいか迷っているという人に少しでも参考になれば幸いです。

因みにVPSを使用するのであれば以下のお名前.comのFX専用VPSがおススメです。



お名前.comのデスクトップクラウドfor MT4は名前の通りMT4(EAで使用するチャートソフトの名称)専用のVPSになっています。

ですから余計な機能が付いていないのでその分料金が安くなっています。

ということで単にEAを稼働させることが目的でVPSを契約するのであれば現状はお名前.com一択だと思います。

因みにプランに関しては特にこだわりがなければ最初は1.5GBのプランから始めましょう。

運用するうちに資金が増えて口座数を増やしたい、ということであればその時に上位のプランを検討すれば大丈夫です。

⇒お名前.com デスクトップクラウド for MT4はこちら

因みにVPSとリモート接続のアプリを使えばスマホだけでEAを導入して運用することも可能です。

ですからスマホのみでEAの運用をお考えの方は以下の記事を参照してみてください。

関連記事

KEN こんにちは!イクメントレーダーのKENです! 最近EA(自動売買プログラム)の稼働に関して、 「パソコンがないのですがスマホだけで運用できますか?」 という質問が増えてきました。 結論から言[…]

上記の記事ではVPSの契約からリモートデスクトップのアプリを使ってスマホでEAを導入する方法を解説しています。

また、パソコンで運用する場合もリモートデスクトップのアプリを使えば外出先にいながら自宅のパソコンにアクセスできるので万が一相場が急変した際もスマホでEAの稼働をオフにすることができます。

ですからリモートデスクトップアプリを使用する際は上記の記事を参照してみてください。

ということで以上になります。

最後までお付き合頂きありがとうございました。

>究極のFX自動売買システム

究極のFX自動売買システム

サポート付きなのに「完全無料」で使える超有料級のEA!
ほったらかしで月利40%以上、日給1万円以上を実現!

CTR IMG